RESULT

2017年 秋季リーグ戦

10月7日 (土) アミノバイタルフィールド
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL

神奈川大学

3 7 14 14 38

武蔵大学

0 3 0 0 3

得点経過

チーム Q 時間 PLAY PLAYER(S) ヤード   PLAY   得点
PLAY 成功 神大 武蔵
神大 1 0:03 FG #19 32 - - - 3 0
神大 2 4:10 RUSH #21 1 K K#19梅垣光理(4) G 10 0
武蔵 2 11:27 FG #58 1 - - - 10 3
神大 3 4:43 RUSH #10 23 K K#19梅垣光理(4) G 17 3
神大 3 2:34 RUSH #1 1 K K#19梅垣光理(4) G 24 3
神大 4 7:51 RUSH #1 1 K K#11坂本AM(2) G 31 3
神大 4 1:09 PASS #88 4 K K#11坂本AM(2) G 38 3
                     

戦評

2017年度 秋季リーグ戦 第3節

3試合目の相手は武蔵大学。

神奈川大学のキックにより試合開始。
武蔵大学、最初の攻撃をパントに抑え攻守交代。武蔵大のミスパントがあり、自陣45ydと好位置からオフェンス攻撃開始。しかし、神奈川大学のパス攻撃が思うようにゲイン出来ず、攻守交代。ディフェンスはフレッシュを取られるも、粘り強いディフェンスで、武蔵大学の攻撃をパントに抑え攻守交代。1Q残り4:52。ここからオフェンスがいつものペースを取り戻し、ロングドライブをみせる。RB#26小館、WR#13須藤らのランで徐々に敵陣に迫る。エンドゾーンを目指すが、1Q残り00:03、敵陣35ydでFGの構え。K#19梅垣のキック成功。先制点をもぎ取った。第2Q、両校のディフェンス陣が少しの油断も見せず一進一退する中、RB#10澤田が72ydのロングゲインを見せる。敵陣に入り、残り21yd。ここは一気に攻め入りタッチダウンを狙いたいところ。しかし武蔵大学のディフェンスに苦しみ、惜しくも得点ならず攻守交替。続くディフェンスは、一心に抑え、武蔵大学パントの構え。ここでビッグプレーが飛び出す。相手のスナップミスの間にLB#42沼田の強烈なタックルが決まり、神奈川大学敵陣1ydから攻撃開始。RB#21赤岡のダイブでこの日初めてのタッチダウンを決める。ここから武蔵大学のランプレーが決まりはじめ、自陣に攻めはいられてしまう。前半残り3秒というところでFG成功。得点を許してしまう。

ここで前半終了
スコア 10−3

後半は武蔵大学のキックにより試合再開。
追加点が欲しい神奈川大学。パスやランで進みフレッシュを獲得する中、インターセプトにより攻撃権を奪われてしまう。武蔵大学の攻撃はロングパスが成功。一気にデッドゾーンまで運ばれFGの構え。キックはゴールポストの下に逸れ、攻守交代。その後神奈川大学はRB#10澤田やQB#1船戸自らのランによりフレッシュを獲得していく。遂には敵陣23ydからRB#10澤田がランプレーによるタッチダウン。その後のPATも決め、神奈川大学追加点を挙げる。続く武蔵大学の攻撃。LB#2藤本のファンブルフォースなどにより、武蔵大学の攻撃を全く進ませない。武蔵大学パントの構え。ここでLB#2藤本がパントブロック。こぼれたボールをDL#44松尾がリターンするビッグプレー。敵陣12ydからの攻撃をランで確実に決め、タッチダウン。流れを引き寄せる。第4Q、神奈川大学が意地のディフェンスを見せ、武蔵大学の攻撃を完全に押さえ込み、すぐに攻守交代。敵陣25ydと好位置からオフェンス開始。RB#22谷中田のラン、WR#18齋藤のパスなどで徐々にエンドゾーンに迫り、最後はQB#1船戸のランでタッチダウン。武蔵大学を大きく突き離す。追い込まれた武蔵大学はパス攻撃でなんとか追いつこうとするが、ディフェンスがこれも阻止し、パントに抑える。4Q残り4:52から神奈川大学オフェンス開始。QB#1船戸からWR#88飯田、WR#81大場へのパスが次々と決まり、最後はWR#88へのパスでダメ押しのタッチダウン。4Q残り1:05から武蔵大学の攻撃もディフェンスが封じ込める。

ここで試合終了
最終スコア 38−3

チーム一丸となり、勝ち取った一勝となりました。引き続き邁進して参りますので、Atomsの応援を宜しくお願い致します。


PHOTO GALLERY

vs武蔵大学01 vs武蔵大学02 vs武蔵大学03 vs武蔵大学04
WINDOW CLOSE