RESULT

2013年春季オープン戦

6月 30日 (日) 防衛大学校走水グラウンド
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL

防衛大学校

0 0 0 0 0

神奈川大学

0 6 8 0 14

得点経過

チーム Q 時間 PLAY PLAYER(S) ヤード   PLAY   得点
PLAY 成功 防衛 神大
神大 2 2:35 PASS #9中本裕樹(4)→#18田中啓介(2) 21 K #22佐藤樹(4) NG 0 6
神大 3 5:53 PASS #12島田克彦(3)→#6有賀洸太郎(2) 10 PASS #12島田克彦(3)→#34貴田泰成(3) G 0 14
                     

戦評

2013年度春季オープン戦最終戦。

定期戦である防衛大学戦。
秋季リーグ戦のためにも良い形でオープン戦の幕を閉じたいAtoms。


防衛大のキックで試合が開始された。
始めの攻撃はAtoms、RB陣のラッシュで少しずつ前に進んでいくが、敵陣に踏み込んですぐ、ファンブルしてしまい攻撃権を奪われる。
防衛大の攻撃が始まってすぐラッシュでロングゲインをされるが#24本多健太(3年)のタックルでなんとか抑え、その後もAtoms守備陣が防衛大の攻撃を抑え、パントに追い込む。
そしてAtomsの攻撃では#22佐藤樹(4年)のラッシュやパスを始め、着々とヤードを進めていき、#9中本裕樹(4年)から#18田中啓介(2年)へのロングパスで一気にゴール前へ進む。その後ペナルティを何度か出してしまい罰退を繰り返すも、中本から田中啓介への21ydパスが決まりタッチダウン。
その後は両チームどちらも思うように1st downを獲得することが出来ず、前半が終了した。

防衛大の攻撃で試合再開。
後半初めの攻撃は、ノーフレッシュで抑え攻守交代。
#10諏訪原大地(3年)のQBキープ、#15田島智大(1年)のラッシュで敵陣へと踏み込むがその後パス失敗が続いてしまう。
相手の罰退で1st downを獲得し、#12島田克彦(3年)から#6(当日#87)有賀洸太郎(2年)へのパスで2度目のタッチダウン。
2ポイントコンバージョンを選択し、島田から#34貴田泰成(3年)へのパスが決まり成功。
それからはどちらも1フレッシュやノーフレッシュで攻撃権を維持することが出来ず、得点を決めることもなく試合終了となった。


2013年度Atomsのオープン戦は14−0で勝利し、幕を閉じた。


PHOTO GALLERY

vs防衛大学01 vs防衛大学02 vs防衛大学03 vs防衛大学04
WINDOW CLOSE